煮話§鍋の中身は似たような・・・・・・

このところ一週間おきの頻度で宅配野菜の中に半玉の白菜が入ってく
る。そうなると深く考えることもせず、さっさと鍋を作ってしまうの
である。

半玉をさらに半割りして一回分なので、一週間に2回は鍋の夜になる
のだ。

そして最近はさらに面倒になって、キムチ鍋か胡麻豆乳鍋のタレをぶ
ち込んで“OK!”としている。それで、鍋の中身はというと、どっ
ちも似たような構成になっていることに当たり前ながら気がついてし
まう。

キムチ鍋であれ胡麻豆乳鍋であれ、白菜をメイン野菜にして、豚肉、
長葱、豆腐、油揚、エノキ茸をどちらも基本に使って、キムチ鍋には
キムチが、そして胡麻豆乳鍋には水菜(京菜、壬生菜)が加わるのだ。

それにしても、よくもまあ飽きずにせっせと食べているものだと思う
が、こうして2週間に一度の鍋ウィークがやって来て、そのおかげで
せっせと野菜やら何やらをまとめて食べることができるのは、実に実
にありがたいことである。

おまけに、夕食で食べきれなかった残りは、翌日の昼食として、ご飯
にぶっかけてハフハフ食べることができるので、一度で二度おいしく
楽しめるのだ。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック