総話§スコアの類は持っていますが・・・・・・

音楽を聴くのは楽しみの一つだが、音楽そのものについての知識は、
基本的な和声学をはじめとして、残念ながら持ち合わせていない。

ではあるが、ミニチュアスコアの類はそれなりの数を所有していて、
時折だが気が向くと、聴きながらペラペラめくってみたりすることは
ある。実際に音楽が鳴っていないところでスコアをめくっても、当然
のことながら、頭の中で音など鳴ってはくれないのである。

画像

乏しい音楽的知識程度ではスコアを見ながら聴いても、主要テーマと
テーマに寄り添うサブ的な音しか見えてきてくれない。もちろん調性
がどうであるとか、それ以上に複雑な音楽の絡み合いまでを把握でき
ているわけでもない。

それでも少しは、漫然と聴いているよりも音楽が自分の中に入ってく
るような錯覚を覚えてしまう……あくまでも錯覚でしかないけれど。

そんなスコアを眺めていて、今だに困ることは、クラリネットや金管
楽器が移調になっていて、実際の記譜と出てくる音が違っていること
である。何度か、移調を修正しようと試みたりはしたが、今は面倒臭
くなって諦めてしまった。まあ、その程度の読譜力ということだ。

……宝の持ち腐れと言われればそれまでである。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック