縦話§左足ブレーキ再び

運転免許を取得したのは1984年のことだったから、今年で35年となっ
た。まだオートマ教習がなかった頃だったのでマニュアル車で運転を
覚えた。

だが、教習所に通っていた時から、オートマ車を買うと決めていて、
同じようなタイミングで、ブレーキの操作を左足でしようと目論んで
いたのである。

左足でブレーキを踏まないようにというのは、クラッチペダルの踏み
方がガツンと一気にというやり方で、それを踏襲するなら、とんでも
ない停まりかたになってしまうからなのだ。

もちろん、そんなことは先刻承知で、運転を始めてほどなく、左足で
ブレーキを踏むようになった。

だから自信を持って言えるのは、少なくともアクセルペダルとブレー
キペダルの踏み間違いは起こらないということなのである。

だが今だに運転をするうえで左足ブレーキは認知されていないという
現実がある。だが、ちょっと何人かに聞いてみると、数人聞いたうち
二人が左足ブレーキで運転しているという答えがあった。

現在は、マニュアル教習よりもオートマ教習で免許を取る人のほうが
圧倒的に多いと思われるので、クラッチペダル云々という反論は、意
味をなしていないはずなのだ。なので、こういうやり方もあるので、
選択肢として考えるようにと指導してもいいのではなかろうか。

左足ブレーキを始めようと考えている人に対して、最初はバックの車
庫入れや坂道発進する時に試してみることをお勧めしたい。特にバッ
クの時には、ブレーキペダルを左足で微妙なコントロールをする練習
になるはずである。

35年というもの、左足ブレーキで運転してきたが、その間にデメリッ
トを経験したことは一度もない。もちろんあくまでも個人の体験に基
づいたことだから、実行するにあたってはくれぐれも慎重にしていた
だきたい。

《ドライブのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック