週話§日曜諸相~N響の定期演奏会~

NHK交響楽団の定期会員だったことがある。大学時代2年間のこと
った。

何か思うことがあったのは間違いなく、とりあえず手っ取り早くN響
の会員になったのは、会場が巨大なNHKホールだったからである。
その頃はまだ――今も似たようなものだが――アコースティックが何
ちゃらなどとは考えもせず、当時はあちこちにあったプレイガイドで
適当に買ったら3階席だった。

その当時、オーケストラ曲など数えるほどしか知らなかったので、で
きるだけポピュラーそうな選曲がされたプログラムを買ったのだが、
シーズン最初の定期公演のプログラムはシューマンのピアノ協奏曲と
ブルックナーの第7交響曲だった。シューマンのピアノ独奏は内田光
子である。

シューマンはともかくも、初めて聴くブルックナーの交響曲はまるで
歯が立たず、聴き終わっても何の記憶もなかったのだ。

その後“席替え”をして2階席や1階席を移動しつつ、2年間は定期
会員を続けたが、就職が決まったところで、仕事との兼ね合いが難し
そうだとわかって定期会員をやめた。

定年退職して再開しようかとも考えたが、何となくぐずぐずと逡巡を
続けている。要するに面倒臭がっているのである。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント