記話§パソコンのタイピング

どうやら、結局……パソコンのキーボード遣いだが、左右それぞれの
人差し指と中指合わせてたった4本で打っていることに思い至った。

親指で変換キーを使うのと、ごくごく時折だが、Aのキーを打つ時に
右の薬指を使うことがあるくらいか。

高校生くらいの時に買ってもらった英文タイプでブラインドタッチの
練習をしたことがあって、けっこうきちんとブラインドができるよう
になったが、その後英文タイプからは離れてしまい、ワープロやパソ
コンを使いだした35年くらい前には、すっかり忘れてしまっていた。

もっともワープロは、親指シフトのオアシスだったからゼロから覚え
ることになってしまった。パソコンに移行した時、日本語はローマ字
変換を選択したが、ブラインドは忘れていても辛うじてキーボードの
位置は覚えていたので、それほど苦労はしなかったが、キーの叩き方
は、すっかり自己流になっていたのだ。

まあ、何とか人並に鉛筆やペンで書くよりは速く打てるようになって
いるので、メイルを打ったりブログを書く時に苦労することはない。

結局、ブラインドタッチも中途半端に終わってしまい、このまま最後
までキーボードとの付き合いになりそうだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント