均話§女性教師が多かった世代~戦後15年~

ふと、小学校時代の6年間を思い出していたのだ。

6年間で一番に顕著なことは、担任が全員女性だったということであ
る。しかも1、3、4年と同じ教師で、5年と6年も2年連続で同じ
教師……結局小学校時代は3人の教師が担任して終わった。

さすがに今思っても何だかなだし、4年生になって担任を知った時、
新鮮味がないなあと感じた記憶も残っている。

個人的勝手な希望を言うなら、担任は6年間毎年変わってほしかった
し、同じ教師の担任は2年までにしてほしかったと思うのは贅沢か。

それにしても女性教師だけだったというのも、少しばかり不満なこと
だった。これは明らかに、時代的な理由によると思われる。

我々が入学したのは1960年代初めで、想像するならば、敗戦から10年
以上経っても、男性教師が増えていなかったのではないか。戦後にあ
って、まだまだ男性の絶対数は多くなく、教職以外別の職業の需要に
応えていったような気がする。その分、小学校における女性教師の比
率が高かった時代なのだろう。

断っておくが、あくまでもバランスの問題で、男女の差異を云々して
いるわけではない。理想をいえば男女教師の担任が半々であればよか
ったと思うのだ。

その後、中学校に進学した時は、教師の男女比バランスはかなり改善
されていたのだった。なお、高校は県立男子校だったので、教師陣は
全員これ男性で、ずいぶん殺伐とした雰囲気ではあったが。

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント