用話§できれば借金は・・・・・・

借金が好きな人、手を挙げて! まあ……いるわけは、ないわなあ。

そう書いている自分ももちろん好きではない。一生借金なしで過ごせ
るのならそれに越したことはないのだ。

だが、さすがにそうして生きられるはずもなく、けっこうな額の借金
を背負った過去が、ないことはない。マンションを購入するために、
8ケタの借金をすることになったのである。

当時の金利は半端ではなく、住宅金融公庫で5%ちょっとだったし、
それだけでは足りずに借りた銀行の住宅ローンは8%を超えていた。
最初の10年くらいは、利息を返済していたようで、さすがに何とかな
らないものかと思った。

10年以上が過ぎたところで買い換えることになったが、その時の金利
は3%台まで下がってくれていた。ある意味、買い換えたことで展望
が開けたと言ってもいいだろう。

その後、何年かに一度“繰り上げ返済”をしたが、するごとに返済額
が減るだけではなく、返済期間もどんどん短縮されたのには驚いた。
おかげで思ったよりも早くに完済できた。

最初の最長返済期間が25年で、気の遠くなるような時間だと思ったが
それよりも数年以上早く返済できたことで、その後の生活がずいぶん
気楽になったような気がしたのである。

大きな借金としては、その他に車のローンがあったけれども、それは
金利が安く利息で返済額が圧迫されることもなかったので、そのまま
淡々と返済したのだった。

《私事のトピックス一覧》

この記事へのコメント