変話§天地始粛~七十二候~処暑

処暑の次候“天地始粛(てんちはじめてさむし)”である。 8月もいよいよ終わりが近づいてきた。日の出は5時9分で、日没は 18時15分となり、世間は遅く明るくなり、ずいぶんと早く暮れるよう になってしまう。 もうそろそろ照明なしで風呂に入るのも終わりである……もっとも、 18時早々に風呂に入ることなどはないのだけれど。 …
コメント:0

続きを読むread more

幼話§無益な殺生は~子供は残酷と~

蝉が飛び交っている。小学生の頃は何をするわけでもなく、採り網を 持って蝉取り遊びをしていた。捕まえた蝉はさっさと逃がしていたか ら目的などはないも同然で、蝉には悪いことをした。 そんなころ、それ以上に残酷なことをしたことはなかったが、虫を捕 まえて手でつまむことなど造作もなかったが、長じるにつれて何とな く虫の類に触るのを…
コメント:0

続きを読むread more