逍話§尾瀬初秋2019~鳩待峠から山ノ鼻~

[承前]
KEN00504.JPG
↓もう少し味わいというものがほしかった
KEN00502.JPG
鳩待峠の休憩所できつねそばなどすすって昼食としたが、味は……。
山ノ鼻までは3kmちょっと……1時間の下りである。先々もこのルー
トを使っての尾瀬行になるだろう。
↓山ノ鼻に向かって歩き始める。時刻は11時54分
KEN00500.JPG
KEN00505.JPG
かつて山小屋でアルバイトをしていた時、鳩待峠から山ノ鼻への下り
などは脇目もふらずに駆け下りてしまったが、年齢を重ねて体力も落
ちた今は、先を急ぐ必要もないので、ちょっとでも何か目につくと、
歩みを止めて視線を向けたり、カメラのシャッターを切ったり、悠揚
迫らぬ逍遥である。
↓至仏山の雄大な大斜面と、露出している蛇紋岩を200mm望遠で
KEN00515.JPG
KEN00517.JPG
平日火曜日につき、人は少ない。鳩待峠から尾瀬ヶ原に下ったのは、
20人足らず、鳩待峠に戻っていったのもそんなものだろうか。二人の
歩荷(ぼっか)さんが仕事を終えて戻っていくのにすれ違った。
↓飄々と歩いて行った
KEN00511.JPG
山ノ鼻まで残り半分くらいになったところで、高圧電流が流れている
鹿除けの柵を見たが、個体数が相当増えているということで、待った
なしなのだろう。鹿については後々触れるつもりである。
↓野生動物に対する様々な対策。テンマ沢あたりで
KEN00525.JPG
KEN00531.JPG
川上川の橋の前後でオゼトリカブトとサラシナショウマが咲いている
のに気がついてシャッターを切ったが、サラシナショウマはもう少し
絞り込んでやらないと。
↓川上川の橋とオゼトリカブト、サラシナショウマ
KEN00540.JPG
KEN00534.JPG
KEN00548.JPG
というわけで、立ち止まって周りを見回したり写真を撮ったりしたり
したが、ルートマップのコースタイムどおり、ちょうど一時間で山ノ
鼻に到着した。
KEN00549.JPG
現地の気温は24度。お約束の道標を撮影すれば、眼の前は尾瀬ヶ原で
ある。
KEN00550.JPG
                            [続く]

《尾瀬のトピックス一覧》

この記事へのコメント