網話§ネットでフェイクが流れても・・・・・・

ネット上に、何の根拠もない噂話や、特定の人間に対する中傷の類が
流れても、ひとたび流れてしまったが最後、それが根も葉もないデマ
であるのだと周知させるためには、膨大な労力を必要とするのだ。

無責任に流された悪意あるデマが、そうして一人歩きを始めても、多
くの人はそれが嘘なのか事実なのかを忖度するようなことはせずで、
ひと口に受け留めてしまう。そうして蔓延していってしまう。

ネット上での検証作業は困難を極めてしまうのである。それでも昨今
はフェイクの発信源の開示をプロバイダーに求める訴訟を起こして、
それが認められるケースが増えている。

そうして発信した人間が罰せられたりしても、一向にフェイクが止む
気配は感じられない。むしろ噂が広がっている様子を見て快感を覚え
ているのではとしか思えない。

あるいは、かすかな可能性としてネット上に現れてくるデマをAIが
検知してことごとくネット上から消し去ってしまうような時代がやっ
て来るものかどうか……それが確実にできるようになるまでに、あと
どれほどの時間を必要とするものだろうか。

それまでは、せめてせめてネットを利用する一人一人が、現れたデマ
を即座に鵜呑みにすることなく、拡散させることもなく放置し続ける
ことが最低限の我々が為すべきことである。

《インターネットのトピックス一覧》

この記事へのコメント