過話§備忘録的な何か~2019年11月28日付~

11月18日……朝、突然かつ急激に右の肩が鬱血して肩凝りとなった。
たまには肩凝りもするが、ここまで急激にというのは何とも珍しい。

同居人に消炎薬を貼ってもらったら、ものの一時間も経たないうちに
痛みが引いて楽になったが、こういうことも珍しい。

医者は“消炎薬はスースーするだけで効くわけではない”などと言っ
ているが、こうして現実に痛みが治まると“やっぱり効くじゃん”と
思ってしまうではないか。

これで終わりかと思っていたら、翌朝は肩ではなく、肩甲骨と背骨の
間の筋肉が張って痛かったので、同じように消炎薬を貼って処置……
これまたほどなく痛みは消えたが、連日とはどうしたことだろう。

11月19日……朝まで雨が降っていたようで、起きたら湿気蒸し蒸し。
午後には外気温が26度を超えていた。馬鹿陽気である。

この日、通算3回目となるインフルエンザの予防接種を受けてきた。
折しもインフルエンザ流行の兆しという報道も目についたところだっ
たので、タイミングとしてはばっちりではないかと思った。

接種後は2週間ほどで効果が出始め、4週間でピークに達した後は、
効果が3か月から5か月ほど持続するようだ。

11月20日……今季初めて、石油ストーブ用の灯油を売り歩く巡回販
売車がやって来た。異なる業者が入れ替わりやって来る。それぞれ
『ペチカ』とか『たき火』といった唱歌のオルゴールを流すのだが
これを聴いたら冬の到来である。

気がつけばいつの間にかコオロギたちの聲が消えてしまっていた。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント