讃話§刮目して読め!“ビアライゼ '07”

これはもう謙虚に“あんたは偉い!”と褒めまくるしかない。詳しく
“ビアライゼ '07”を読まれよ。

彼が一週間のバイエルン~フランケン~バイエルンの旅で呑み倒した
ビールの量は中途半端な量でなく、20リットル超というものである。
地上にいた時の一日のビールの平均消費量が3リットル超!

ビアホールとかケラーとか出合うを幸い――ではなく、旅行前からの
周到な計画に基づいての
――壮絶な呑み倒し紀行となったのだった。

中身を一読すればわかるが“私ごときは、ただのビール呑み。あなた
は真のビール好き”と書かせていただきたい。喉で呑むだけでなく、
きちんと味も楽しんでいるというのが偉いのである。

惜しむらくは旅行したのが完全に冬だったことで、できればいい季節
の緑陰の下のビアガーデンで呑んでいただきたかった。……もっとも
そんな時に旅行しようものなら、火に油。間違いなく倍量――少なく
見積もって五割増
――呑んだことでありましょう。そういう意味では
「これくらいにしといたるわ!」ということでよかったのかも。

天晴れ!

次回は、下のような季節でより一層浴びるほど呑んでくだされ。

《ドイツビールのトピックス一覧》

画像

"讃話§刮目して読め!“ビアライゼ '07”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント