愉話§シューマンの管弦楽法・・・

オーケストラのような大編成の曲を、微に入り細を穿って聴くことな
ど、素人にはできるはずもない。あんな膨大な音塊を隅々まで聴いて
いると思い込むこと自体が間違いである。

そんなくせして、大昔に読んだ“シューマンのオーケストレーション
は未熟である”とかいったような趣旨の評論が頭に残っているという
のは始末が悪いことだなと思う。

この数年で彼が書いた4つの交響曲を聴く機会が増えて、お気に入り
に入ってきているのだが、それこそ聴きながら“ここのオーケストレ
ーションはまずいんじゃないの?”などと感じたことなどはないぞ。

そういうことが事実かどうかは別にしてもシューマンの交響曲が取る
に足らない存在であるはずもなく、ひたすら音楽の流れを楽しんでい
るということである。

そういえば、ほとんどお節介としか思えない人として、マーラーなる
作曲家がいて、彼としては“実際に聴こえる”という前提で、ベート
ーヴェンやシューマンの楽曲のオーケストレーションの改変を行って
いるということだが、それこそ“素人”にはわからない何かがあるの
だろう。

ただ、マーラーの管弦楽法とシューマンのそれは当然違うわけで、シ
ューマンの流儀をマーラーの流儀に合わせてというのは意味があるこ
となのだろうかと、聴き取れないままの疑問なのである。

《オーケストラのトピックス一覧》

"愉話§シューマンの管弦楽法・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント