季話§鴻鴈北~七十二候~清明

昨日から清明の次候“鴻鴈北(こうがんかえる)”である。燕が飛来し
てくると、入れ替わりに雁などの大型水鳥が北へと帰って行くのだ。

北へと戻る鳥達が北日本の上空から眼にする光景が、渡ってきた時と
はまったく変わってしまったことに気づいただろうか。いや、おそら
くはひたすら前を見据えて、戻っていく大地の光景を思い描きつつ、
忙しなく羽根を動かしていることだろう。

そんな彼らが、今の地上の哀しみを北の大地に運び去ってくれるわけ
ではないが、美しい編隊を組んで颯爽と飛んでいく様子を我々の眼に
焼き付けていってくれればと思う。

そして秋がめぐり来て再び彼らが飛来してくる頃、北日本の風景は、
どのように変化しているだろうか。

《天気のトピックス一覧》

"季話§鴻鴈北~七十二候~清明" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント