失話§ラ・プティット・バンド(2011.7.2)

自分の古楽修業不足を痛感した2時間だった。プログラムはオール・
バッハで、ブランデンブルク協奏曲2、6番、三重協奏曲、休憩を挟
んで5番と3番が演奏された。オペラシティ・コンサートホール。

1曲目の2番で眼が点になる。正直に書くなら何とも珍なるトランペ
ット独奏。モダン楽器のようにピストンもなく、唇のコントロールの
みであれだけの音程を作り出すことに感心はしたものの、残念ながら
最後まで冷や冷やしながら聴いていたというのが正直なところ。

6番のような弦楽器のアンサンブルになるとプティット・バンドらし
い音楽のおもしろさが顔を出すが、三重協奏曲や5番のようにトラヴ
ェルソが活躍するべき曲なのに、笛の音が聴こえてこない……ホール
が広過ぎるゆえであるにしても、そんなところに不満の種もくすぶっ
たりしたのだった。

というわけで、おもしろく聴いたのは前半の6番と後半の3番という
結果に終わってしまった。かなり欲求不満でホールを後にしたのだ。
一点だけだが、チェンバロのバンジャマン・アラールの演奏の切れが
記憶に残ったのである。

そういえば以前、紀尾井ホールだったかでバルトルド・クイケンのト
ラヴェルソを聴いた時にも音量不足で、他の楽器に埋もれてしまって
いたことを思い出した。

ラ・プティット・バンドの演奏がこういうものであるというのならば
しかたがない。自分とは行き方が違うということなのだろう。

《クラシックのトピックス一覧》

"失話§ラ・プティット・バンド(2011.7.2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント