節話§紅花栄~七十二候~小満

小満の次候“紅花栄(べにばなさく)”である。

去年のエントリーも苦し紛れのことを書いていたのを読んでしまった
ばかりで、今年も似たようなあがきをしそうだなと思いつつ、季節の
ネタを探さなくてはならない。

そういえば海の向こうのヨーロッパでは、アスパラガスが旬の季節で
ある。あちらのアスパラガスは、日本のウドのような白アスパラガス
が主流で、しかも6月の上旬あたりでピタリと食べなくなってしまう
のだ。

何回か6月のドイツに行ったことはあるが、いつでも中旬を過ぎてし
まっていて、レストランでありつけたのは一度しかない。

こればかり長い間に培われた相当なこだわりがあるようで、そうなる
と頑ななまでに終わりと言ったら終わりなのである。もっとも、味は
というと……そこまで執着するほどのことかなと、首を傾げながらの
賞味だったのであるが。

今週の初め、東京スカイツリー開業の日は雨模様に加えて寒かった。
去年も同じ頃、ジャンパーが必要になる寒い日があって、初夏だから
といって、常に気温が安定しているとは限らないのだと思い知った。

《七十二候のトピックス一覧》

"節話§紅花栄~七十二候~小満" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント