愉話§呑藝春秋[9]カンパリソーダだね

[承前]

ビールに始まって、シャンパンやゼクト、スプマンテのような発泡系
ワインはもちろん、炭酸水で割った酒も大歓迎という泡ものが大好き
な人種である。

気まぐれに呑むのがカンパリソーダで、これはすっきり爽やかでおい
しい呑みものであるとしみじみ思う。

まず、色がいい。いさぎのいい真紅の液体は、それだけで呑みたくな
るというものである。そして甘みと苦みのバランスがうまいこと取れ
ているといところも気に入っている。

もちろん炭酸水で割るのが、シンプルに基本のうまさを楽しむことが
できる。酒に弱いとか、炭酸系が苦手というのなら“カンパリ・オレ
ンジ”という手もあるが、個人的には甘過ぎて苦手だ。

……などと書いたが、行きつけのバーにはカンパリを生ライム搾りで
割ったカクテルがあって、これは抜群にうまい。もちろん、オレンジ
とライムは別物だから比較するものではないのだが、ライムたっぷり
のカクテルは大人の味と言っても間違いではない。

ある時期、自宅でもカンパリと炭酸水を用意して、夏などにグビグビ
呑んだこともあったが、生来の横着のゆえに安易なビールへビールへ
と流されてしまった。

こうして文字にしたのも何かの縁である、たまにはカンパリと炭酸水
を買って自宅呑みでもしてみようか。
                            [続く]

《酒のトピックス一覧》

"愉話§呑藝春秋[9]カンパリソーダだね" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント