雅話§百人一首考[44]~あふことの~

[承前]

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに
人をも身をも 恨みざらまし


これもまた“恋歌”である。万葉集の時は“相聞”という分類だった
のが、古今集以降は恋歌という括りになったようだ。

こうして第1首から百人一首を読み始めていくと、意外という以上に
恋愛にまつわる歌が多いということにいやでも気づかされる。

まあ……初めて百人一首に触れた未成年の身にしてみれば、古語文法
に疎いことに加えて、恋愛沙汰に――興味はあれど――不案内だった
ただのガキという合わせ技なのだった。

あの頃は、季節やら自然を詠んだ歌ばかりが目に立っていたように感
じたのだが、それは間違いということのようだ。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

"雅話§百人一首考[44]~あふことの~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント