雅話§百人一首考[61]~いにしへの~

[承前]

伊勢大輔(いせのたいふ)

いにしへの 奈良の都の 八重桜
けふ九重に にほひぬるかな


これまた“超有名”な一首であるが……単に、奈良の都に昔から咲き
続けている桜が、今年もまた咲いて香り高い、という感じに捉えてい
たのだったけれど、奈良から京の都に移植された桜が咲き誇っている
という光景であるとは知らなかった。

短歌や俳句の解釈は、ことほどに自分が思い込んだものと異なってい
ることのほうが多くて、だから有名な歌であればあるほど、それを読
んだ人たちが各自でまちまちな解釈をしていることが多そうな気がし
てならない。

自分の手を離れてしまえば、作品の解釈は読む人に委ねられてしまう
わけである。その助けとなるのが解釈本だったりするわけだけれど、
基本的には中で書かれている解釈を基本に考えるにしても……よもや
その解釈が間違っていやしないだろうかと疑ってかかるのは、反則で
あるだろうか。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

"雅話§百人一首考[61]~いにしへの~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント