悼話§冨田勲さん(シンセサイザー)

作曲家でありシンセサイザーの使い手でもある冨田勲が亡くなった。
まだ初期のシンセサイザーを苦労を重ねつつ駆使して制作したのが、
ドビュッシーのピアノ曲を集めた『月の光』というアルバムである。

画像

これを聴いた時は、大げさでも何でもなく、腰が抜けるほど驚いた。
中には、オリジナルのピアノ曲よりも先に聴いてしまった作品もあっ
て、その刷り込みの強烈さはいまだに残っているのだ。そんなアルバ
ムで一番のお気に入りは『アラベスク第1番』なのだ。

そんな冨田勲が作曲した音楽だが、彼の作品と知らずにあちこちで流
れていることをどれほどわかっているだろうか。そんなテレビのタイ
トルバックに流れる名作を2つ挙げておこう……どちらもNHKの番
組で『新日本紀行』と『きょうの料理』である。





かつて名番組だった『新日本紀行』は『新日本紀行ふたたび~NHK
アーカイブス~』として不定期放送されているし『きょうの料理』は
いまだにNHKの看板番組の一つとして長寿を誇っている。

たった1フレーズのメロディーで、多くの視聴者の感性を刺激してき
たのが冨田勲の音楽だったことに感嘆せずにはいられない。

享年八十四

合掌

《追悼のトピックス一覧》

"悼話§冨田勲さん(シンセサイザー)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント