街話§神保巷塵[60]前は何だったっけ?

[承前]

定年退職このかた、神保町を歩くのは月に1、2回程度で、特に飲食
店の閉店と新規開店の回転が目まぐるしいと感じている。ほんのちょ
っと前のことだったのに、前の店を思い出せないのも珍しくない。

目立つようになったのは明らかにラーメン屋の類で、何とか一旗上げ
てやろうと野望を抱いての試みなのだろう。だが、それにしても乱立
の極みで、あそこもあそこも……こんなところもラーメン屋という様
は何とも凄まじいことよ。

仕事をしていた頃も、昼飯にラーメンを食べるのは珍しくもなかった
が、わざわざ並んで食べるようなことは意識して避けていた。食べに
行く店は何軒かに限られていて、いわゆる東京風中華そばを筆頭に、
味噌ラーメンも好きだったから札幌風味噌ラーメンを出す店にせっせ
と通っていたが、気に入っていたのに10年足らずで店を閉じてしまっ
た。

なくなってしまった店ばかり思い出すが、会社の近くには博多ラーメ
ンの店もあった。あまり豚骨ラーメンは得意ではないけれど、その店
はそれほどくどい感じはしなかったので、足繁く通ったものの、あえ
なく閉店。

結局は、伊峡のようなどうってことのない店でラーメンにありつくの
が日常だった。前にも書いたことだが、伊峡はラーメン以外に塩味の
湯麵が野菜も摂れるありがたいメニューで愛用していたのである。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

"街話§神保巷塵[60]前は何だったっけ?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント