週話§土曜諸相~ブログ移転のお知らせ~

本日をもってウェブリブログへのエントリーアップを終了する。移転 先は以下のとおりで、12月1日からも変わらずブログは綴っていく。 ひだまりのお話 今年7月、ウェブリブログのあまりにも劣悪な変更に、当然ながら運 営側にはクレームなどを聞く耳は持っておらず、5か月が過ぎていく 中で、これはもう、ウェブリブログ自体が見捨てら…
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~メリーさんの羊~

1877年11月29日、エジソンが蓄音器を公開。 我が音盤の歴史を振り返るなら、さすがに蝋管やSPを手にしたり、 聴いたことはないが、その後の45回転のドーナツ盤や、33回転のLP から聴いたことになる。 さらにCDを経て、ネット配信の時代になってしまった。我が家でも 再生ソースの一つとして、CDをリッピングしてiPo…
コメント:0

続きを読むread more

紙話§ティッシュペーパー~小さくなった~

ティッシュペーパーが小さくなった。いつ頃からのことだったかは、 記憶にない。気がついたら小さくなっていたのだ。 これと似たようななケースにバターがある。かつては半ポンドと覚え ていて、一箱225gだったバターが、いつの頃からか200gになってし まっていた。要するに値上げをしたくないがゆえに、一計を案じての 結果が、値段は…
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年11月28日付~

11月18日……朝、突然かつ急激に右の肩が鬱血して肩凝りとなった。 たまには肩凝りもするが、ここまで急激にというのは何とも珍しい。 同居人に消炎薬を貼ってもらったら、ものの一時間も経たないうちに 痛みが引いて楽になったが、こういうことも珍しい。 医者は“消炎薬はスースーするだけで効くわけではない”などと言っ ているが、…
コメント:0

続きを読むread more

貨話§コインパーキング変容

年に二度くらいだが、コインパーキングのお世話になることがある。 つい10日ほど前も、催しがあって車で出かけた会場には駐車場がなか ったので、事前に調べておいた近くのコインパーキングを利用した。 車を駐めて“おや”っと思ったのは、車のボディ下に自動で上がって くる金属製のフラップがなかったことである。それでどうやら、後部 …
コメント:0

続きを読むread more

変話§朔風払葉~七十二候~小雪

小雪の次候“朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)”である。 あっという間の11月だったような気がしてならない。しつこく繰り返 しているようだが、定年退職このかた、時間の進み方が異様なほどに 速度を増しているように感じる。 一年前は山形交響楽団のハイドン『天地創造』を聴きに行ったのが、 それがつい2、3週間前だったかのよう…
コメント:0

続きを読むread more

軌話§京王線あれこれ[56]ダイヤ編成の件

[承前] 現役宮仕えだった頃は、ダイヤ改定に関して当然ながら敏感だった。 もちろん事細かに覚えるわけではないが、基本的な部分はしっかりと 押さえて対応していたのだ。 それが定年退職直後に行われた改定以来、上りはまだしも、下りの、 特に都営新宿線のダイヤに疎くなってしまって今に至っている。 新宿線内に急行は走ってい…
コメント:0

続きを読むread more

異話§超“変な天気”の日々

先週金曜日から4日間というもの変な天気が続いた。 22日の金曜日昼前から降り始めた雨は、延々丸2日以上も降り続け、 日曜日の昼頃に止んだものの、この時期には考えられない湿気をもた らしたのである。 25日の月曜朝の我が家は濃霧に包まれて、視界は数十mちょっとほど でしかなかった。 この間の最高気温は20度を超えて…
コメント:0

続きを読むread more

弄話§パソコンを使える人

表題の件、何をもって“パソコンが使える”と言えばいいものか…… 自分自身のことから考えると、まあ六十代の普通の人間よりは、いく らかましな程度ではなかろうか。 会社OB会の事務仕事で任されているのは、パソコンを使っての様々 な作業。前任者から突然に引き継ぐことになったが、何とかかんとか こなしている。 パソコン歴は既…
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年11月25日付~

11月13日……肌寒い日となったこの日、ウールのカーディガンを家の 中で羽織り始めた。朝方の気温が10度台半ばであれば、綿カーディガ ンで十分だが、10度前後を記録するようになると肌寒いものがある。 というわけで、朝方パソコンに向かう冬支度が始まった。翌日には、 膝掛けと足温器を取り出し、これで冬の準備は万全だ。 11…
コメント:0

続きを読むread more

券話§チケットの取り方[下]そしてネットへ

[承前] ドイツあたり、インターネット環境は日本より遅れているという話は よく聞くが、こと劇場やコンサートホールのチケット予約システムに 関する限りは、日本よりかなり先行していたと感じる。少なくとも、 それをサービスであると認識していたのは彼の国のほうなのだ。 21世紀に入り、インターネットが日常の存在となったことで、…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~今日はウェールズQ~

ウェールズ弦楽四重奏団の“Verus”は、イギリスの“Wales”ではな く“真正な”という意味。 9月半ばのシリーズ第1回に続いて、今日は第2回である。プログラ ムは以下のとおり。 弦楽四重奏曲 第9番 C-Dur Op.59-3 『ラズモフスキー第3番』 弦楽四重奏曲 第15番 a-moll Op.132 ベ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~世間は晩秋~

半袖姿で汗をかきかきラグビワールドカップ観戦に励んでいたのは、 つい一か月ちょっと前のことだった。11月2日の決勝戦が終わった頃 から、徐々に秋が深まっていったようだ。 それでも11月前半は最高気温が20度前後の小春日和ともいえるような 穏やかな日々を過ごすことができた。 だがそんな11月も、後半には順調に気温が下がっ…
コメント:0

続きを読むread more

変話§虹蔵不見~七十二候~小雪

小雪の初候“虹蔵不見(にじかくれてみえず)”である。 雪を見た初めがいつのことだったか……おぼろげに覚えている光景は 実家から表通りに出て交差点の先を見たら、ゆるい傾斜の道の先から スキーで滑り降りてくるというものだった。 今になって調べたら、大通りと交差するスキーで降りてきた少し狭い 道の傾斜は、確かに下りではあるが…
コメント:0

続きを読むread more

券話§チケットの取り方[中]電話で予約

[承前] そして1980年代に入ると、電話でのチケット販売が広く行われるよう になった。当時使っていたのはダイヤル式で、競争率の高いチケット 販売の時にはリダイヤルができず、不利だったのでプッシュホンに変 更したのだった。 そしてチケットぴあやチケットセゾンといったチケット予約&販売シ ステムが生まれたが、今考えると…
コメント:0

続きを読むread more

珈話§エスプレッソ好き

大学時代に2年間ほどアルバイトをしていたデパートの中の喫茶店は フランス料理屋の出店で、パリのカフェをコンセプトに洒落た雰囲気 を醸し出していた。よって、ウェイターではなくギャルソンである。 アルバイトの特権はいくつかあって、ちょっとした休みに飲むコーヒ ーはただ。昼ご飯はデパートの従業員食堂でも食べるのだが、店で出 して…
コメント:0

続きを読むread more

券話§チケットの取り方[上]プレイガイド

東京に出てきて気がつけば半世紀近くが過ぎていた。 東京で生活をする中に、クラシックの演奏会を聴きに行くというのが 目的の一つとして存在していたが、乏しい仕送りの中でやり繰りして 何とか年に数回程度というのが、就職するまでの頻度である。 その当時、チケットを調達するのは、あちこちで営業していたプレイ ガイドがメインで、そ…
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~作曲者自ら指揮するも~

1805年11月20日、ベートーヴェンのオペラ『フィデリオ』初演。 ベートーヴェンといえば“高い精神性”と返ってくるような存在だっ たりするわけだが、時に原理主義者的に道徳観に縛られているような 節が見受けられることがある。 例えばモーツァルトのオペラ『コシ・ファン・トゥッテ』を毛嫌いし ていたらしく……確かに倫理的に…
コメント:0

続きを読むread more

弱話§体力というより持久力がないのかも

基本的に体力がないわけだ。足繁く尾瀬に通っていた時、山道を歩き 出して10分もすると、脈拍があっという間に3けたへと上昇してしま っていた。 そして、道の傾斜がきつくなると、数分ごとに一息入れるべく立ち止 まっては休憩を取っていたのである。いや、誰でも脈拍は3けたまで 上がるよと言うかもしれないが、それでも歩き続けられる人…
コメント:0

続きを読むread more

亀話§タートルネックの季節

タートルネックの季節となった。半袖で済んでいたのは、10月半ば頃 までで、それから一か月ほどは長袖の綿シャツを着るのだが、同居人 がアイロンをきちんとかけてくれてありがたいのだが……心苦しい。 そんな一か月ほどが過ぎれば、この先半年近くはアイロンの手間の必 要がほとんどなく、そこは気兼ねがないのだ。 というわけでタート…
コメント:0

続きを読むread more

半話§顔見世十一月大歌舞伎~髪結新三~2019/11/19 00:00

昼の部一番の『研辰の討たれ』を観たくて顔見世大歌舞伎に行った。 木村錦花の原作による舞台は初めて。14年前の野田秀樹演出、十八代 目勘三郎主演による舞台の強烈な印象が残っているので、野田が、ど のように作り込んでいったのかを知っておきたかったのである。 感想はと問われれば、おもしろかった。原作の出来がいいと感じた。 最…
コメント:0

続きを読むread more

変話§金盞香~七十二候~立冬

立冬の末候“金盞香(きんせんかさく)”である。 順調に朝の最低気温が下がっている。上旬半ばには5度台を記録した から、家の中でも羽織るものが増えてきた。 空も、秋の高さから冬の冷たさへと移ってきたと感じる。我が家北側 を飛ぶ西行きの飛行機の姿もくっきりと見えて、時折の飛行機雲が颯 爽としている。 新しいカメラで待…
コメント:0

続きを読むread more

饗話§馬鹿にされていることに気がつけ

首相主催の観桜会に首相自らの選挙区民をバス仕立てで何百人も招待 していたことが明らかになった。 メディアは、もっとこれを報じるべきである! 観桜会の費用は我々の税金から支出される。つまり、公の金を自らの 選挙対策のために使っていたのだ。 国民は、もっと怒るべきである! 何人もの閣僚の不始末……選挙区民に、メロ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~今日は歌舞伎座顔見世~

10月はすっかりラグビワールドカップにかまけて、歌舞伎はお休みを した。 九月秀山祭以来の11月は、恒例の顔見世大歌舞伎である。昼の部では 幸四郎が『研辰の討たれ』を出す。勘三郎が研辰を務めた野田版は観 ているが、木村錦花オリジナルの舞台は初めてなので楽しみである。 日曜日に昼の部を観るのは久しぶりのことである。チケッ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~冬少しずつ~

少しずつ秋から冬への移行がテンポアップしてきているようだ。 10日くらい前だったら長袖シャツ一枚で表に出てもどうということは なかったのが、一週間前になると夜にはジャンパーの類が必要になる ……そんな気温の変化である。 11月の初めは20度台半ばを記録していたのが、気がつけば最高気温も 10度台半ばあたりを推移するよう…
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー371号発売中!

ビッグイシュー371号は11月15日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。 180円が販売員の収入に。草間彌生が表紙。 表紙&スペシャルインタビュー スペシャル企画:草間彌生 リレーインタビュー 土屋アンナ(女優) 特集 地図と暮らす じつは「地図が文…
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[64]たまに泡が呑みたくて

[承前] 今、シャンパンは値段が高くて手が出ない。20年以上前には、2000円 ちょっと出せば、安売り酒屋でちゃんとしたシャンパンを買うことも できたが、今はもうその倍は出さなくては買えなくなってしまった。 シャンパンの木目細かい泡は魅力的だが、こればかりは如何ともしが たく、代替物を探すことになる。条件は1本1000…
コメント:0

続きを読むread more