過話§備忘録的な何か~2019年10月10日付~

10月1日……9月から暦変われど、遠くの方でツクツクボウシの鳴く 声が聞こえてきた。まだまだしぶとく子孫を残すべく相手を探してい るのだ。 さらに府中のアメダスが30.5度を記録。10月の真夏日など珍しくも何 ともない御時勢である。 この日の夜は、今季二度目の“鍋”にした。宅配野菜の中に白菜とエ ノキダケが入ってきた…
コメント:0

続きを読むread more

直話§カメラのお稽古~修正してみる~

カメラを新調して3か月が経とうとしている。まだまだカメラが持つ 昨日を十全に駆使してなどということはできず、もっぱらオートモー ドでシャッターを切ることのほうが多い。 画像についてだが、JPEGとRAW(ロー)の2種類で保存することにした。 後者のほうは、パソコンのアプリケーションを使っての画像加工が可 能で、これまでに何…
コメント:0

続きを読むread more

悼話§ジェシー・ノーマンさん(歌手)

ジェシー・ノーマンの初来日公演を聴いている。1985年秋のことだ。 豊かな体躯からの豊かな声量に圧倒されたという記憶である。 本プログラムはほとんど覚えていないが、アンコールで歌われたリヒ ャルト・シュトラウスの『献呈』とエリック・サティの『あんたが好 き』は鮮やかに残っている。享年七十四 合掌 《追悼のトピック…
コメント:0

続きを読むread more

世話§ラグビーワールドカップ・プール戦[3]

10月5日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われたイングラン ド対アルゼンチンのプール戦は、前半18分に危険なタックルによって アルゼンチンのセカンドローがレッドカード退場したことで、一気に 試合への興味が失われてしまうことになった。 ↓気持ちのいい秋晴れだが最高気温は30度超 ↓プレパフォーマンスは府中の太鼓 …
コメント:0

続きを読むread more

変話§鴻鴈来~七十二候~寒露

寒露の初候“鴻鴈来(こうがんきたる)”である。 5日のイングランド対アルゼンチンがラグビワールドカップ4試合目 の観戦となり、観戦予定8試合のうち半分を消化した。 9月中に観た3試合のうち、特に東京スタジアム(味の素スタジアム) で、スタジアム内にそよとも風が吹いてくれず、ピッチ上の選手にと っても観客にとっても、湿気…
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ウィスキーはお好き~

1937年10月8日、寿屋(サントリー)が“サントリー角瓶“を発売。 初めて買ったウィスキーはサントリーのホワイトだった。40度を超え る蒸留酒は強過ぎて、だからお湯割りにして寝酒にしたのだ。ちょう ど二十歳になった頃、三畳安下宿でのことだった。 貧乏大学生だったから、頻繁に酒を買って呑むなどということはでき なかった…
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和四十年代~スポ根ドラマ~

[承前] 中学生の頃だったと思うが、アニメのスポーツ物とは別に、実写のス ポーツ根性物のドラマが人気だった時代があった。 よく見たのは『柔道一直線』とか『サインはV』といったあたりで、 当時を考えてもずいぶん無理な作り方だったなあという記憶である。 特に『柔道一直線』のほうの滅茶苦茶さが際立っていたようだ。20段 …
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[61]スコッチを少し

[承前] 先月の終わり頃、ランチョンでビールを呑もうと思ったら、遅い夏休 みで休業。それならと駿河台でランチョン店主の弟がやっているビア バーに行ってきた。 カウンターの奥を見ると、ウィスキーのミニチュア瓶がゴロゴロあっ て、それは何ぞ?と尋ねたら、知り合いの酒屋が出入りしていたホテ ルが廃業して、客室のミニバーのた…
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~閑話休題~

閑話休題と先に書いて、話を始めるような人がいるが、明らかに誤用 である。つまり、余談のような話題をごじゃごじゃ書き連ねたその揚 句に“閑話休題”と書いて、話を本題に戻さなくてはならないのだ。 というわけで、自分でも閑話休題の使い方を間違っていやしないかと 確認をすることになる。 閑話休題(それはさておき) そうそ…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~英国対アルゼンチン~

先週のオーストラリア対ウェールズに続き、今日も東京スタジアムで イギリス対アルゼンチンの一戦を観てくる。 何度も書いていることだが、今回のラグビーワールドカップで、何が 楽しみかといえば、決して日本では観ることのできない国同士の対戦 をつぶさに観ることができるからなのだ。 ヨーロッパ同士、ヨーロッパと南半球、南半球同士…
コメント:0

続きを読むread more

飢話§ラグビーワールドカップ食料騒動の件

さても、ラグビーワールドカップ日本大会における食事情のひどさに ついては国辱的とでも言ってしまいたいほどである。 入場の際の規則として飲食物の持ち込みは禁止を謳ったものの、スタ ジアム内の飲食コーナーがあまりにも貧弱だったがゆえに、食べ物を 買えない客が続出した。結果、大会運営に間違いなく夥しいクレーム が殺到したであろう…
コメント:0

続きを読むread more

世話§ラグビーワールドカップ・プール戦[2]

29日の日曜日は東京スタジアム(味の素スタジアム)で、プール戦Dの オーストラリア対ウェールズ戦を観てきた。観客は47,885人。見た目 はオーストラリアのサポーターの数が明らかにウェールズを圧倒。 ↓飛田給駅からようやく歩道橋を上がるところ ↓その後、甲州街道に下りてゲートAに向かう 横浜国際競技場は今回が初観戦だっ…
コメント:0

続きを読むread more

変話§水始涸~七十二候~秋分

秋分の末候“水始涸(みずはじめてかる)”である。 尾瀬は“水の世界”であることを、今年二度の尾瀬行で改めて確認を することができた。 5月と9月に行ったからだと思うが、5月は雪解け水が尾瀬ヶ原へと 流れ込んでいるおかげで、湿原を流れる川がみんな満々と水を湛えて いて、時には水芭蕉が水中花状態になってしまっているのも見か…
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ベルリンの壁崩壊に続き~

1990年10月3日、東西ドイツ再統一。 ちょうど30年前の1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊し、それから 11か月後という迅速さでドイツが再統一された。 あまりにも劇的だった壁崩壊の時に比べて、もう少し時間をかけての 再統一が行われるかと思ったが、意外なほどに早かったという記憶で ある。 ついこの間のニュ…
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年10月2日付~

9月22日……横浜国際競技場で行われたアイルランド対スコットラン ドの試合を観た後、横浜線からの乗り換え駅にあった書店で来年をカ レンダーを買った。毎年同じメーカーの製品である。 例年、10月に入ったところで店頭に並びだすが、今年は並ぶのが早か ったようだ。 歌舞伎は前々月あたりから演目がわかってきて、前月にチケットが…
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年9月の天気模様を振り返る

9月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 9月に入ったとたんに、秋の風情を感じたような気がしたが、上旬の 気温は30度超、時には35度、36度と猛暑日となって、夏がいつ終わる のか、白眼を剥きそうに…
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー368号発売中!

ビッグイシュー368号は10月1日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。“大麻”再発見が表紙。 スペシャルインタビュー デヴィッド・リンチ リレーインタビュー ヤスナ・クラパク 特集 “大麻(アサ)”再発見 “薬物問題”だけが注目される「大麻」は、1万2…
コメント:0

続きを読むread more

神話§2019年10月の予定あれこれ

月初めにつき、東京の一か月間の日の出&日没時刻を。10月1日の日 の出が5時35分で31日が6時1分、日没はそれぞれ17時26分と16時48 分である。 これから年明けくらいまでが、一年のうちで一番に夕暮れが寂しいも のとなってしまう。12月半ば過ぎには日没時刻が少しづつ遅くなって いきはするが、日の出のほうは年明けまで6…
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~原子力発電の罪~

この国の愚かとしか思えない政財界のガラクタたちは、いったい…… ……いつになったら原子力発電の経済効率の悪さを認めて、その先へ と進んでいくのか、しかもそれを裁判所のガラクタ判事が電力会社の 原発事故の責任を認めず、無責任体制を後押しするなど、まったく想 像のはるか外の発想で、このままでは日本なる国が馬鹿者どものおか げで…
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年9月30日付~

9月18日……朝、洗面所のドアを開けたら、さりげなく富士山の姿が 見えた。夏の間はほとんど姿を見ることが叶わず、特に今年は、いい 天気の日でも、遠く富士山の姿を望むことはできずだったのである。 9月19日……蝉の声をほとんど聞かなくなった。遠くのほうでツクツ クボウシが聞こえることもあるが、大量のアブラゼミが盛大に鳴いて …
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~豪州対ウェールズ~

先週の横浜国際スタジアムから替わって、東京スタジアムのゲームで ある。 オーストラリアは2009年に国立競技場でニュージーランドとのブレデ ィスローカップを観ているが、その時は19対32で負けてしまった。 ウェールズを観たのは2回。一回目は1975年の国立競技場だった。そ の時の日本代表は、キックオフからいきなりのノー…
コメント:0

続きを読むread more

変話§蟄虫培戸~七十二候~秋分

秋分の次候“蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)”である。 秋分も次候となって、残暑も和らいできたようだ。この先、暑さがぶ り返すことはなきにしもあらずだが、まずまず夏は去っていったと思 われる。 けっこう未練がましくスーパーマーケットの野菜棚で枝豆を見つけて はしぶとく茹でていたが、それもそろそろ終わりを迎えて、代わり…
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~ちょっと中休み~

“四年に一度じゃない。一生に一度だ”というキャッチフレーズに踊 らされて、後先を考えずに一か月の間に8試合を観ることに決めてし まったのは一年半も前のことだった。 スタジアムで2時間だけゲームを観るだけではなく、行き帰りのあれ これ、スタジアムでの過ごし方などなど、けっこうハードなものがあ るのだということに気がつかされた…
コメント:0

続きを読むread more

慎話§フィルムカメラとデジタルカメラ

尾瀬行にまつわるサイド・ストーリーらしきものを書き留めておく。 今回尾瀬に行こうと思ったのは、7月に買った身分不相応なデジカメ を試そうというのが大きな動機だったからである。 カメラ歴こそ長いけれど、腕前などと呼べるにはほど遠く、はっきり 不調法なレベルだと言ってもおかしくなどはない。 その昔、一眼レフのフィルムカメラ…
コメント:0

続きを読むread more

逍話§尾瀬初秋2019~帰途に着く~

[承前] 朝食が15分ほどで済んで、さて大清水から戸倉まで、どのバスに乗ろ うか迷った。9時15分に乗ろうとするなら、すぐ小屋を出なければな らないし、その次は11時5分だから8時に出ても十分に間にあう…… むしろ10時台にあればありがたいと思うのだが。 そうしていたら、小屋の人間から「今すぐ出てくれれば、追いかけて …
コメント:0

続きを読むread more

托話§卵は一週間に6個

毎週届く宅配野菜の中には、卵が6個入っている。 これはありがたいもので、熟年夫婦にとっては週6個で十分なのだ。 大人でも毎日1個というのは多いのだと、何かで読んだような気がし ていて、つまり一日おきに1個とは、ちょうどいい量だと思うのだ。 使い道はけっこう多岐にわたっていて、大物から言うと……トマトと 卵の炒め物、出汁…
コメント:0

続きを読むread more

逍話§尾瀬初秋2019~尾瀬沼畔を長蔵小屋へ~

[承前] 沼尻の休憩所で20分ほど休憩して尾瀬沼北岸を長蔵小屋に向かう…… 雲が垂れこめて、今にも雨が降りそうだが、本降りになる前に小屋に 着くことはできるだろう。 ↓沼尻休憩所から沼方向を見ると、ずいぶん藻が繁殖している ↓燧ヶ岳ナデッ窪の上半分は雲で見えない ↓休憩所から歩き始め、長蔵小屋に向かう など…
コメント:0

続きを読むread more

世話§ラグビーワールドカップ・プール戦[1]

まずは先週の土曜と日曜に横浜国際競技場で行われた、プール戦2試 合についてまとめておこうと思う。 まずは横浜国際競技場初戦となるニュージーランド・オールブラック ス対南アフリカ・スプリングボクスから……プール戦の組み合わせが 発表された時から、このゲームだけは逃すまいと心に決めて、無事に チケットを確保できた。 【ニ…
コメント:0

続きを読むread more

逍話§尾瀬初秋2019~白砂田代から沼尻~

[承前] 二頭目の鹿と遭遇した後、数分ほどで白砂乗越への最後の上りに取り 付いた。白砂田代への下りはガレ場だから、慎重に足場を選んで下っ て、下田代十字路から2時間ちょっとで到着。 ↓石だらけの道と滑りやすい木道をひと歩きで白砂乗越 尾瀬ヶ原よりも標高が高いので、湿原の秋色は進んでいるように見え た。目についた花…
コメント:0

続きを読むread more

偲話§秀山祭九月大歌舞伎~吉右衛門休演~

遅ればせながら、先週火曜日に観た秀山祭九月大歌舞伎夜の部につい て手短にまとめておく。 というか、前日の16日から吉右衛門が発熱で休演してしまったのだ。 そこが歌舞伎の強みというか、夜の部一本目の菅原伝授『寺子屋』の 松王丸は松緑の代役で舞台が行われた。ちなみに昼の部『沼津』の呉 服屋十兵衛は幸四郎が代役を務めた。 …
コメント:0

続きを読むread more

逍話§尾瀬初秋2019~鹿に二度も遭遇!~

[承前] 時刻は9時半頃だったから、下田代十字路から段小屋坂を一時間ちょ っと歩いたところで、鹿に出会ったのだ! ↓おや、こんにちは “聢(しか)と見れば鹿”という詰まらない駄洒落があるが、聢と見な くても鹿であることは誰でもわかる。自然の中に棲息している大きな 哺乳類が眼の前にあるという事実に、遭遇した瞬間はどうい…
コメント:0

続きを読むread more

変話§雷乃収声~七十二候~秋分

秋分の初候“雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)”である。 秋分がやってきた。今日の日の出は5時29分、日の入は17時38分だ。 10日ほど前から、ようやく秋らしい涼しい日々となった。 先週金曜日から始まったラグビーワールドカップだが、これくらいの 陽気が続いてくれればありがたい。一番の心配は台風が発生して試合 に…
コメント:0

続きを読むread more

逍話§尾瀬初秋2019~中田代から段小屋坂~

[承前] モーニングコーヒーを飲んで龍宮小屋を後にしたのは7時40分過ぎ。 天気予報は昼頃から雨ということなので、12時頃には長蔵小屋に到着 すれば逃げ切れるだろうと思った。 ↓龍宮小屋、また来るぞ ↓“この先福島県”のプレート ↓ボケボケの吾亦紅(ワレモコウ)と名前を忘れた花 ↓星の形のアケボノソウ …
コメント:0

続きを読むread more