テーマ:日本酒

談話§正しい居酒屋訪問之記

高校時代の同級生が三日とあげず通っている“地元民の居酒屋”があ って、かねてより一度は行ってみたいとおねだりしていたのだが、連 休明けの先週木曜日、同級生総勢4人が集まっての呑み会となった。 某地下鉄駅を下車してすぐのところ、げた履きマンション1階の奥に ひっそりと暖簾を下げているのが見つかり、ほぼ全員が定年退職状態 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[53]美田山廃にごり酒

[承前] 先月、久々に小田急線は各駅停車駅の直近にある居酒屋に出かけた。 このところ家呑みが多くなって、たまには外呑みもしたいという…… “オット”のわがままである。 18時の開店と同時に店に入って、まずはヱビス生ビールを1杯注文。 酒肴には、刺身の盛り合わせ(メジマグロ、鰤、金目鯛、鯛、帆立)、 蟹と青海苔の薩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[129]豆腐の味噌漬

[承前] 豆腐の味噌漬という危険な酒肴の存在を知ったのはいつのことだった だろうか……四十代の頃だったかと記憶しているが、もっと早くこれ を知っていたら、呑兵衛のレベルが2段階くらい上がっていたかもし れない。 家庭でも作れるものだが、一軒のおいしい店を知ってこのかた、もっ ぱらそこから取り寄せている。そうしばしばと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒話§平均酒量の自己申告[2018年版]

新年につき2018年版である。 定年後の目標としていた“お休肝日週3日”だが、今年で足かけ3年 となる。どうなるかと思っていたが、試行錯誤をしつつも何とかかん とか去年一年ほぼ励行することができた。 最初は月、木、金としていたお休肝日だが、11月頃から月、水、金の 3日をお休肝日としている。それまでのローテーションだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[52]年末年始は無休です

[承前] わざわざ断ることでもないが、年末年始はお休肝日なしで過ごすつも り。去年あたりから週三日お休肝日を励行するようになったことで、 当然ながら飲酒総量は最盛期の6割程度で推移しているはずである。 それゆえに、ここぞの時は連続飲酒を自らに許しているということな のだ、といっても年に2回……年末年始と海外旅行の間くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[51]研ぎ過ぎた日本酒

[承前] 店がなくなって10年は経っているだろうが、最寄駅を降りたところに 蕎麦がメインの居酒屋があった。特段の店ではなく、酒の肴も蕎麦も たいしたものではなかったが、他になかったので重宝していただけの 話である。 ただ、日本酒の揃えはそこそこで、その当時はまだ有名ではなかった “獺祭”も置いていたが、脚光を浴びる以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[50]ビール1本&酒二合

[承前] このところ外呑みの基準となる酒量がこんな感じである。ビール1本 は、置かれているなら大瓶希望だが、生ビールの中ジョッキ1杯でも 日本酒に乗り換えてしまう。 外呑みは、必ず家に帰らなくてはならないという前提があるから、一 応は呑む量を抑えめにはしているつもりである。五十代あたりまでは 二合半とか三合近くまで呑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[125]銀杏(ぎんなん)

[承前] 11月のはじめ、神保町へ古本まつりを冷やかしにいったそのついでに 新蕎麦が食べたくて、2年ぶりの蕎麦屋に行ってきた。 まず“蕎麦前”として、生ビール1杯と日本酒を二合。肴を何にしよ うかと考えて、汲み豆腐と揚げ銀杏を注文した。この時期は湯豆腐が あったはずだが、残念ながら御品書にはなく、それでも豆腐が食べた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[47]とうとう一升酒は・・・・・・

[承前] 酒好きだし、そこそこ呑めるほうだが、一升瓶を空けたことはない。 いや、別に呑みたかったとか……そういうわけではないのだけれど。 “とりあえずビール”なしで、初手から日本酒を呑み始めても、まあ コンスタントに三合程度を呑めばご機嫌になって、そこでおしまい。 一番呑めた時でも七勺徳利7本どまりだったから、五合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[123]天麩羅かな

[承前] 酒肴としての揚げ物については、何度か書いていることだから、重複 することになるだろうが、また新たに感じるところあるかも知れぬ。 ということで年に一度、年末年始の買い出しが済んだタイミングで、 デパ上のレストラン街にある新宿の老舗天麩羅屋で、夫婦の忘年会を 行っているが、それももう何年になるだろうか。 毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~秋深まるか~

9月下旬には盛りだった金木犀の香りも、気がつけばどこかへと去っ ていって、東京都下三多摩丘陵も秋が深まってきている。 最高気温もおおよそ20度台前半から20度割れをするようになったが、 時として夏日になることもあるので油断はできない。暑かったり涼し かったり、目まぐるしく気候が変わる時節でもあるのだ。 晩酌にビールを呑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵話§晩酌の件~計ったように~

定年退職このかた“お休肝日”は週3日……月、木、金と設定してい る。休む日は状況に応じて随意変わるし、休肝日を休むこともあるが 基本は週4日が飲酒日なのだ。 それで最近の家呑みの流れだが、決まって350ml缶を2本呑み、その後 ワインか日本酒をおおよそ一合半くらい呑むのである。それくらいだ と、気持ちはよくなるが酔っ払うま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醸話§お酒でお得なお買い物

歩いて2、3分のところにあるスーパーマーケットは、我が家の冷蔵 庫代わりとでも言えるものかどうか、一日おきに買い物に行っている くらいである。 どの店も顧客を囲い込むのにポイント制を設定して、一定数貯まると 商品券など、その店独自のサービスを行っているのだ。我がスーパー も、支払い時にカード提示してポイントを貯め、500ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[114]佃煮

[承前] 時折だが佃煮が無性に食べたくなる。そんなタイミングで、年に一回 の新春浅草歌舞伎を観に出かけた時、ホールの近くに一軒の佃煮屋が 店を出していて、そこで数種類の佃煮を買って帰ることにしている。 今回も去年と似たようなもので、アサリを甘辛く炊いたのと、辛い昆 布。同居人はそれに小女子クルミ、きゃらぶきと豆を買った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[113]肉じゃが~再び~

[承前] そういえば、とんと“肉じゃが”を食べていないことに気がついた。 外食でも自宅でも食べていない。 何か深い理由でもあるのかと考えてみたが、そんなことはなさそうで 似て非なる“肉豆腐”は頻繁に食べている……そんなあたりに肉じゃ がをあまり食べない理由があるのかもだが。 何となくだが、牛肉と豆腐のバランスのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒話§平均酒量の自己申告[2017年版]

新年につき2017年版である。 定年後の目標としていた“お休肝日週3日”を、去年11月頃から実行 に移し始めた。だからまだ2か月しか経っておらず、先々も継続でき るかどうかは不透明であるが、とりあえず一年続ければ将来に亘って いけそうな気はするのだが。 ただ、会社時代よりは柔軟に休肝日を行っていて、以前のように火曜 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more