テーマ:清明

変話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。 ここまで来れば“春”である。たまには肌寒い日もあったりするが、 厚い上着に別れを告げても大丈夫になってきた。 この時期、段階的に少しずつ冬物衣料を片付け始めて、夏に向かって “衣替え”となる。それほど厚くないセーターやカーディガンの類は 前述した肌寒い日のために取っておくが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。 一年前の今頃は桜の盛りを迎えていたが、今年は、あっと今に盛りは 過ぎていて、枝に残る花もちらりほらりどころではなくなってしまっ ている。 都内の開花が3月中旬とは、さすがに早過ぎて、人々にとっても心の 準備ができないまま桜の季節を迎えてしまったようではなかったか。 早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。 桜も満開である。もう2週間もすれば木々に緑の葉が吹き出してくる だろう。 桜の季節も好きだが、それ以上に好きなのは4月から5月にかけての 新緑の季節である。若葉の白っぽい薄緑が本当に好きなのだ。6月に は濃いめの緑に変わってしまうから、新緑を楽しめるのは一か月くら いのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。 こういう言い方が合っているのかどうかわからないが、同じ気温でも 暖かかったり寒かったり感じることがありはしないだろうか。 相対的に見て、同じ15度でも寒いと感じたり、暖かいと感じるような 気がしている。 4月に入ってもそんな肌寒い日があるので、東京西郊の我が家周囲の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more