テーマ:ドイツビール

遊話§一日一句~明日は夏至~

季語は・・・ビール ビール呑む 今日の日没 九時過ぎて 夏至を翌日に控えて、滞在している地域の今日の日没は21時20分頃で ある。ということは、22時あたりでもまだまだ明るさが残っているの だ。だから宵っ張りだった頃は夜遊びも楽しかっただろうが、最近は すっかり夜が早くなってしまったので、陽が長くなったからといって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水話§6月の予定あれやこれや

6月が来てしまった。とりあえず毎月のことなので、東京の日の出& 日没時刻一か月間を貼っておく。今年の夏至は21日。日没は19時1分 だから、19時半頃までは明るさが残っているはず。 今月、歌舞伎観劇はお休み。観ておきたい演目はあったけれど、どう してもという気にはならずでチケットは取らずじまい。クラシックは ピアノの演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[44]ドイツビール久々

[承前] 久々にドイツビールを呑んできたのは、先々週半ばのことだった。 古巣会社の人間と話をする用事があって、どうしましょうかとなり、 それじゃあとリクエストしたのである。仕事に関しての打ち合わせも 兼ねてあったので、もちろん古巣のおごりである(ごっつぁん! 店に入って席に着き、とりあえずの1杯はフランツィスカーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~ビール純粋令五百一周年!~

ビール純粋令(Reinheitsgebot)発布から五百一年の日がやって来た。 毎年のことだが、ビールのあるべき一つの姿を具体的に示した数百年 前のバイエルン公に感謝しつつ、今宵もビールをグビグビするのだ。 なお今年は、1517年10月にマルティン・ルターがローマカトリックに 抗議して、ヴィッテンベルク市の教会に95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[42]もっとビールを!

[承前] ビールが身体にいい呑み物であるという朗報がこれです……いいこと づくめではありませんか。というわけで、みなさんも適量のビールを 呑みましょう。 1.骨密度を増加させる 2.コレステロール値の安定 3.心臓病のリスクを減らす 4.糖尿病のリスクを減少 5.尿管結石のリスクを低減 6.ガンを抑制する成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~落穂拾い[Ⅳ]~

[承前] 山チーズ以外、自分たちのための土産はこんなものである。何はさて おき、このビール純粋令発布五百年記念のビアマグこそが、今回の旅 行の中でも最大のお土産であるとは言い過ぎなどではない。左右に置 かれたマグカップは気まぐれな衝動買いなので、気にしないように。 1516年4月23日にバイエルン公ヴィルヘルムⅣ世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~湖上音楽祭界隈[下]~

[承前] ところで、午前中は気持ちよく晴れていたのだが、天気予報は夕方か ら雨であると告げていた。こちらの天気予報は日本よりも確度が高い ことは何となくわかっていたので、それを信じ音楽祭のインフォメー ションで売られていた1オイロのポンチョを二人分購入して備えた。 午後になって雲が広がり出したところで昼食の時間である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~反省会~

[承前] 最終日は21時前終演の『さまよえるオランダ人』ということなので、 同宿の音楽学者を“反省会”に誘ってみたら、一も二もなく“応!” という返事だったので、終演後はさくさくとホテルに戻り、服を着替 えてロビーで合流し“生おビール前夜祭”のビアガーデンに行った。 仮に最終日が終演23時近い重めの演目だったら、たぶん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~生おビール前夜祭~

[承前] バイロイトでは、町中で夕ご飯を食べる機会は少ない。終演後に重い ドイツ飯を食べる気などないから、公演のない空き日とか、翌日から 劇場に行けばいいこの日のようなバイロイト到着当日くらいである。 というわけで、音楽祭のスポンサーにも名前を連ねているバイロイト のマイゼルビール(Maisel)醸造所が“Liebes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~ビアガルテンへ~

[承前] テーゲル湖では何の予定もないとは書いたが、実は一つだけ……湖畔 に住む知り合いと夕食をともにするというプロジェクトがあるのだ。 優に80歳を超えている彼女と出会ったのは10年ほど前のことで、以来 細く長い付き合いが続いていて、今回のテーゲル湖訪問も、彼女のこ とが念頭にあり、会うことを目的としての滞在なのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧話§老後旅事始~羽田からミュンヘン~

今年の旅は8月11日から9月1日までの22日間となった。目的地は、 バイロイト音楽祭とブレゲンツ湖上音楽祭、それにオーストリア・ア ルプスの端っこである。 出発当日は去年の旅行と同じく、我が家から羽田空港までレンタカー を運転して向かった。折しも盆の最中でしかも“山の日”なる祝日と 重なることに気がつき、道路の状況が心配さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩話§一日一句~テーゲル湖~

季語は・・・夏惜しむ 夏惜しみ 修道院の ビール哉 2泊しているのはテーゲル湖(Tegernsee)畔のホテルである。 そこから歩いて10分ほどのところに>修道院ビールの醸造所があって、 去年も呑んだが、なかなかにおいしいビールだ。2泊するから2回は 通いたいと考えているが、さてさてどうなるでしょうかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵話§エビス・ザ・ホップ~お届け先は?~

我が家は、お中元にもお歳暮にも縁はない。かつての社内でお互いが 贈答する習慣などなかったし、ご近所付き合いも希薄だったりと…… まあ、不要なあれこれが届くよりは、ないほうがずっと気楽である。 ところが7月上旬のこと、珍しくもお届け物があった。上が証拠写真 だが、よくよく見れば――見なくても――自分が依頼主で、自分が届 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~ヱビス・マイスター~

5月17日に“ヱビス・マイスター”が発売されていたが、買えたのは 5日後のことだった。いつも行っているマーケットにはなく、車でシ ョッピングセンターに行って、そこで見つけることができた。 新製品に手を出すのは遅いほうだが、今回のマイスターについては、 どれほどのものか知りたくて発売を待っていたのである。 お試しにつき6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麥話§ビール純粋令五百周年のビールは

ビール純粋令(Reinheitsgebot)五百周年の記念日と重なったこの日、 何を呑もうかと考えた……ドイツビールを呑もうかと思ったが、そこ を思いとどまって、日頃から恩になっているビールにと決めた。 秩父宮のスーパーラグビーがノーサイドになった後、地下鉄で新宿ま で戻り、買い物を済ませた頃には昼食が軽かったこともあって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘話§ウルヴズ!~スーパーラグビー~

それにしてもラグビーシーズンが長くなったものだと思う。今シーズ ンは国内リーグ戦観戦ができず、スーパーラグビーが初観戦となった のである。 この日は贅沢にも指定席を張り込んだので、キックオフ30分前くらい に秩父宮に着いたが、地下鉄出口から試合終了状態の混雑で、なるほ ど指定席度が高いと会場到着は慌てなくてもいいという人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麥話§白ビール(小麦ビール)のこと

ビール純粋令を寿ぎながら、白ビール(小麦ビール)について語ること を忘れてしまっていたので、このエントリーで簡単にまとめておく。 1516年に発布されたビール純粋令では、大麦をビールの原料にすべし というお達しが行われたわけだが、当時から小麦を原料にしたビール は醸造されていて、それがパンの製造に影響を与えかねないというの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝話§ビール純粋令発布五百周年!

記念すべき日がやって来た。1516年4月23日、バイエルン公国におい て、ヴィルヘルム4世が“ビールは大麦、ホップ、水のみを原料”と するべしというビール純粋令は、世界初のいわゆる品質管理法として 発布されたのである。 アルコールの摂取を始めて40年以上が経過した……にもかかわらず、 酒の良し悪しがわかっているのかいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~ビール純粋令~

あと2日で“ビール純粋令”発布五百周年という記念日なのだが…… ……記念日当日にビールをおいしく呑めるべく体調には万全を期して いるつもりであるという、まずは予告編を軽く。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[39]ドイツビールの店が

[承前] 2005年に初めて呑みに行って以来、10年超通っていた小川町のドイツ ビールの店が閉店するという話を聞いた。輸入の樽生ビールを呑ませ るということで割高なことは否めないけれど、店の人たちとも楽しく 会話できていたので残念なことである。 建物の内部もなかなかにユニークで、中2階を挟んだ変則三層構造に 加えて地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光話§駿河台ひなたガーデンで生ビール

一週間前のこと、去年の秋神田駿河台に開店した“ひなたガーデン” という洋風居酒屋に行ってきた。 ↓店の前景(ホームページより拝借) 店主は神保町の老舗ビアホール“ランチョン”から独立した四代目。 一昨年亡くなった三代目の末息子である。 例の頼まれ仕事の打ち合わせが都営新宿線沿線で行われたのをいい口 実に、それが思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[38]冷酒好き~要反省~

[承前] どうも、もっぱら冷酒好きでここまで呑んできた。ビールは言わずも がなだし、日本酒もほとんど冷やして呑んでいる。家でさほどワイン は呑まないけれど、たまに買って呑む時は赤も白も冷蔵庫で冷やして 呑んでしまう。 酒を呑み始めた40年くらい前、日本酒といえば燗をして呑むのが常識 だった時代で、燗をつけた酒の匂いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夷話§ヱビスビールがクォリティアップ

ヱビスビールがビール純粋令500周年を記念して、33年ぶりにドイ ツ・ハラタウ産のホップを増量し、より深い味わいにクォリティアッ プするというリリースを読んだ。これは朗報である……と思いたい。 33年ぶりの品質改定ということだから、我が家でヱビスを呑み始めた 頃には、既に変わっていたということになる。 もとより、味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝話§ビール純粋令500年!

Reinheitsgebot“ビール純粋令”は、1516年4月23日にバイエルン公 ヴィルヘルム4世によって発布された“世界初の品質管理法”と言わ れる法令である。そんなビール純粋令が今年で500年という記念の 年を迎えるのだ。 16世紀前半というと日本は室町後期で、ほどなく戦国武将の主だった 面々が誕生して戦国時代を迎え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[33]テーゲルンゼー[下]

[承前] 小さな連絡船に15分ほど揺られて着いたのは、湖畔に建つ修道院で、 それが醸造所とビアホールになったのだという、ありがちな沿革では あるが、ビール呑みとしては新規開拓をさせてもらえ、ありがたいの 一言である。 何はさておき、もちろんビールである。1リットルジョッキがないの は実に残念。この日も30度超えだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[28]ビアホールにて

[承前] マチネーの演奏会があった日の夕方は、前日に続いて人と会うことに なっていた。歌劇場で合唱団員として歌い続けて、先年定年退職され ていて、ミュンヘンでお会いするのは2010年以来のこと。 連れて行ってくれた店は15世紀に開業したという老舗ビアホールで、 ホテルから歩いても10分ほどで、街の中心部に近い立地である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠話§定年直前旅[15]中華料理屋へ-下-

[承前] さても目指す中華料理屋に到着。店の中よりも外のテラスが開放的で 気持ちいいのだが、パラソル下で日陰になっているテーブルを見つけ ることができなかったので、店内とテラスの境い目あたりに座った。 この日あたりを境にして、ドイツでも気温が上昇傾向にあった。だか らというわけではないが、食事に先立ってビールを1杯とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~日本初のビヤホール~

1899年8月4日、日本初の「ビヤホール」が銀座8丁目に開業。 銀座8丁目(当時:東京市京橋区南金六町)に“恵比寿ビヤホール”が オープンしたので“ビヤホールの日”なんだそうである。もちろん、 このビアホールは現存せず、クラシックな内装で人気の銀座ライオン 7丁目店が開店したのは1934年4月8日だった。 日本でビール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more