テーマ:東京

街話§神保巷塵[25]神田祭のポスター

[承前] 先週、靖国通りを歩いていて見つけた日本三大祭の一つ“神田祭”の ポスターである。じっくりとご覧あれ。 これに気がついた時は、さすがに我が眼を疑ってしまった。世の中が いくら“萌”の時代であるにしても、ここまでやるものかと思ったも のの、お祭りだからいいんじゃないの(棒読……という陰の声も聞え てきたりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[24]選挙カー走る神保町

[承前] 千代田区の面積は12平方キロ足らずである。我が住まいしている市の ほぼ半分くらいで、どちらにしても小さな自治体であることに間違い はない。 しかも皇居が千代田区の10%を占めているし、南側三分の一ほどは、 大手町、日比谷、霞ヶ関といったビジネス&官庁街があって、そこに 千代田区の住民票を持っている人など、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[19]高層住宅の朝火事

[承前] 月明け早々の月曜日8時半過ぎ、神保町に隣接する西神田にある25階 建て高層住宅の20階から出火という大騒ぎがあった。 火事のニュースは出勤直前に知って“あれ、ひょっとして……”と思 っていたら、仕事をしているビルの上階から火災の現場を見ることが できたのだ。 その後、昼食を食べに出たついでに近くまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

径話§首都高速道路中央環状品川線開通

羽田空港を利用するなど年に一回程度のことだから“わー、便利にな った! \(^o^)/”と万歳をするほどのこともないのだが、間もなく 3月7日に首都高の中央環状線が、大井まで開通することになった。 従来は新宿方面からだと、首都高3号線大橋ジャンクションまでで、 中央自動車道と東名高速道の接続はよくなったものの、中央道から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪話§非実在飛行機の迷走飛行

数日前、何気なくフライトレーダーを眺めていたら、不可解な航跡で 飛んでいる飛行機を見つけた。正確には飛行機ではなく飛行物体とで も言うべきか……いや、物体ではなかったのかもしれないのである。 ……という、写真のような迷走を続けるなど、正気の沙汰とも思えな いし、仮にそんな飛行をしているのを発見したら、あるいは自衛隊機 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動話§ハクビシン~都心に出現す~

2009年4月のエントリーで、郊外のニュータウンにハクビシンが出現 した件について書いたことがある。いかなる事情で繁殖するようにな ったのか、よくわからないところがある動物のような気がしている。 そのハクビシンが、このところ東京都心にも出現して、空き家などを 根城に棲息をしているというニュースを読んだ。なにしろ、銀座やら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武話§東京奥座敷の山々

少しばかり曇り空だった水曜日、ホームから西の方を見やると、雪を かぶった奥多摩の山々が、くっきりと姿を現していた。電車が来るま でしばしの眼の保養である。 快晴の朝だと、眩しすぎて見にくかったりするけれど、雲が適度にあ る晴れの日のほうが、輪郭もはっきり見えるのだ。 写真が小さいから判別できないが、中央やや左のなだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儲話§東京駅百周年記念Suica騒動之記

どう贔屓目に見ても、JRの対応の甘さばかりが目に立ってしまった 今回の騒動ではないだろうか。 東京駅が開業百周年になったということで、1万5千枚の記念スイカ を東京駅の窓口で発売したわけだが、集まった人数の多さに、途中で 発売を中止してしまったのだ。 これは完全なるミスである。完売というならまだしも、数千枚を売っ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[16]古書店の向きは・・・・・・

[承前] こんなことを今さらのように書くのは何だかなあと思いつつも、結局 は書いてしまうのだが、神保町の表通りである靖国通りに立ち並ぶ、 数多くの古書店のほとんどは北向きなのである。 北向きであるがゆえに直射日光は入らずで本に優しいという、基本的 な常識が具現化された街づくりがなされているのだ。 そんな眼で靖国通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞰話§飛行機は我が家の上を西へ飛ぶ

雲一つなく、すっきりとした快晴の木曜日。最寄り駅へのバスを待っ ていたら、飛行機のエンジン音が聞えてきた。かなりはっきりと機影 が見えたので、羽田から離陸したのだろう。試しに撮影をしてみた。 所詮はiPod touchのカメラだから、解像度などはこんな程度である。 送電線の隙間を縫って飛ぶ様子が見えるだろう。というか、送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[14]“L”のKさん

[承前] 創業して既に百年を超えた神保町のビアホール“L”は、初代から数 えた現在、四代目がビールの注ぎ場で店内を取り仕切っているのだ。 彼の父親である三代目は今年の春先に逝去。二代目、三代目、四代目 とともに数十年の間“L”を支えていたのは、三代目の妹で四代目の 叔母であるマネージャーのKさんなのだった。そんな彼女が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新話§地域総合防災訓練など・・・

秋晴れとなった先週の土曜日、我が地域では大規模な総合防災訓練が 実施された。 中学校の校庭には、訓練に参加している自治体や消防署、赤十字とい った団体のテントがずらりと並んだ。参加者は赤、白、黒、緑に色分 けされた帽子をかぶり、20分ずつ様々な訓練の実地体験をしたのだ。 ↓起振車で震度7を実感する 内容で、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覯話§第55回東京名物神田古本まつり

10月25日(土)から11月3日(月・祝)まで“神保町”において10日間の 第55回東京名物神田古本まつりが賑々しく催される。 期間中晴天祈願! ↓第52回(2011年)の様子 くどいようだが神田神保町での開催である。JR神田駅で降りると、 15分以上は歩かなくてはならない。都営地下鉄三田線、新宿線、東京 メトロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~馬運車が都内を行く~

昨日、神保町界隈を“巡回”していたところ、神保町2丁目と3丁目 の境にある専修大学前交差点を、JRA(日本中央競馬会)の馬運車が 通り過ぎるのを見つけたので、珍しやと思わず撮影。 詳しい人の話では新潟競馬に運ぶ車だろうとのこと。それにしても、 あんな東京のど真ん中をどこから運ばれてきたのだろうかと思った。 馬運車には名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚話§都営深夜バス打ち切り

ブログ主のように、山手線ターミナル駅から、さらに私鉄に30分以上 乗って家に戻る人間にしてみれば、至極当たり前のことがわかってい なかったのかと驚き呆れる今回の試みの挫折である。 夜はおとなしく寝ましょうよ ……というのが基本であるはずなのに、辞任を余儀なくされた前都知 事は“ニューヨークもやっているから東京も”という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎話§放火~我が街で相次いで~

今月になって、我々が住む市域内で放火が相次いでいる。最初に発生 したのは12日のことで、これまで合わせて6回起きている、いずれも 建築中の建物に対しての放火である。 前のエントリーからの続きがこちら……さて、お寿司でお誕生会をと いう我々が寿司屋から帰途に着いたのが19時半頃のこと。風呂に入っ た後、喉が渇いたので缶ビール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通話§昔々の東京グルメ本

手元に保育社刊カラーブックス『東京の味』という文庫版がある。初 版発行は1968年で、持っているのは1972年10月発行の第5刷である。 今でこそグルメ本が大隆盛の時代だけれど、これを買った40年以上前 に、グルメ本がどれほどあったものか……文藝春秋が今でも刊行を続 けている『東京いい店うまい店』が最初に発行されたのが1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊話§時間割~公園通りの喫茶店~

北関東の田舎町の高校を卒業して東京に出てきたのが1973年のこと。 その年の夏、渋谷公園通り坂の中ほどにパルコPART1がオープン した。ほぼ同時期にNHKホールも柿落としを行っている。 代々木の3畳間借りの人間にとって、公園通りへは明治神宮の杜の中 をくぐれば、簡単に行くことができた。20分も歩けば代々木のオリン ピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[5]子供達の声

[承前] 神保町という都心にありながら下世話な街が、日比谷や大手町などと 決定的に異なることは、子供達の姿を見かけることである。 地域に、お茶の水小学校(旧・錦華小)や神田一橋中学校があったりす るので、夕方の界隈に子供の声がよく聞えてくる。靖国通りや白山通 りを歩いていれば、子供達の姿を見かけることも珍しくはない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜日乗~八月十五日正午神保町~

昼食をと外に出た。靖国通りから路地を入ったところにまで、こんな ことになっていた。 2014年8月15日12時00分の東京都千代田区神田神保町界隈……平和を 危うくせむと目論む人達とのせめぎあい……。 そして盆が過ぎていく。 《戦争と平和のトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[2]開店と閉店が頻繁に

[承前] 30年前はこれほど店の消長が頻繁にあっただろうかと思うくらい、今 の神保町は店がオープンしては、気がつけば消えていたということが 珍しくない。中には半年とか一年足らずで閉店したようなこともあっ たのだ。 昼食時に10人程度の行列は珍しくもなく、中には40人くらい並んでい る店もあったりするから、状況は極端か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~蝉の順番~

火曜日、ヒグラシが鳴くのを聞いて驚いた。一週間前の木曜日には、 ミンミンゼミが一番鳴きをして驚かされた……それに匹敵するのだ。 第一、ヒグラシは秋の季語である。 そんな中をニイニイゼミが鳴き出したが、これは時節柄正しい。 ようやくの水曜日にアブラゼミが鳴くのを聞いた。今年に関しては、 明らかにセミ族の時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹話§蝉初鳴き~しかもミンミンゼミ~

昨日7月10日、我が家周囲で蝉の初鳴きを聞いた。何と意外なことに ミンミンゼミが第一号で、これは過去に記憶がない。 通常は、ニイニイゼミあたりから鳴き始め、次にアブラゼミが続き、 ミンミンゼミは8月に入ってからという流れのはずである。なので、 バスの停留所で“ミーンミンミンミン!”という鳴き声を耳にした時 は、思いがけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[1]手前味噌神保町大絶賛

[承前] 早いところ“J街通信”後継のタイトルを決めなくてはとグズグズし ていたが、そんなことは些細であると考え、エイヤ!っと適当な看板 に掛け替えてしまった……巷塵とは読んで字の如くなので、いちいち 説明はしない。ということで新装連載である。 それにしても、神保町と実に狭い範囲の周辺あたりで、30数年という 月日を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~セクハラ野次に~

最も問題なことは、野次を発した自民党(元)都議が、所属政党の…… ↓こんな嘘つきスローガンの空虚さ ……スローガンを理解していなかったことにあり、これをもってして も、自民党という政党が、女性問題にも少子化対策にも、問題解決能 力を持ち合わせていないばかりか、それぞれの推進を明らかに妨害し ているということが白日のもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§山手線に新駅・・・品川~田町間

山手線の田端と日暮里の間に西日暮里駅が開業したのは1971年のこと で、昭和に開業した唯一の山手線内の駅なのである。 そして2020年を目指して品川と田町の間に新しい駅が開業するという のだ。品川と田町の駅間は2km以上と、山手線で一番離れていること もあって新駅建設となった模様。現在の29駅から30駅に増えるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親話§いとこの子供達という存在

少しばかりは気にしていたのだけれど、この間改めて調べてみたのが いとこの子供達をどう呼ぶのか、名称があるのかということだった。 それで、調べた結果が以下のマメ知識である。 女は従姪(じゅうてつ) 男は従甥(じゅうせい) ……と、ちゃんとした呼び方があるのだ。まめに調べてみるものだと 思ったことである。というのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§金曜午後の天候急変~雹や突風~

金曜日の午後、埼玉中央部から南部にかけてと、東京中西部は、なか なかにすごい天候に見舞われた。 ご覧のような雨の状況に加えて突風や、あるいは竜巻も発生したので はと思われる。神保町でも15時過ぎに雹が降るのを見た。といっても せいぜいパチンコ玉程度のやつがパラパラと1分ほどの間に降って、 あっという間に通り過ぎていった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§J街通信[96]街と風景の移ろい

[承前] J街のあれこれを書き連ねて今回が96回。あと4回で100回という 区切りを迎える。36年という長きにわたり神保町に居続けたことで、 街がどのように推移していくのかつぶさに眺めていたような気がする のだ。 初めて神保町に足を踏み入れた時から、まったく変わらずに営業して いる店もあれば、一年足らずで消えていく店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more